車の売却額が低い方が嬉しい事例も

| コメント(0)

車売却を行っている人々は、やはり高額売却を希望しているケースが多いですね。やはり少しでも高く売れた方が、どう考えてもお得になるからです。

しかし人によっては、却って車を安く売りたいと考えている場合があります。高額売却が成立するのは一見良い事なのですが、却ってそれがマイナスになってしまう事もあるからです。

どのような方が安い金額での売却を希望しているかというと、破産者です。自己破産をするとなると、財産を処分しなければなりません。自分が持っている財産の差し押さえが行われ、借金を整理する事になるのです。
ところで自動車も、その破産の差し押さえ対象の1つです。車を持っている破産者としては、できればそれを処分したくないでしょう。移動手段が無くなってしまうからです。

ところが差し押さえにならない方法が1つあって、売却額が20万円に達しない時です。19万円台などの場合、差し押さえ対象にはなりません。
という事は破産者にしてみれば、20万円以上で売れてしまうと困ってしまうのです。逆に19万円台の方が好ましい訳ですね。

そして人によっては、ちょっと買取金額が微妙な事もあります。19万円から20万円の幅で売れるような車もあるでしょう。そのような時は、買取業者から19万円の見積書を作ってもらうのが好ましいと言われています。それならば財産の処分対象にならないからです。
車売却というと一般的には高く売れる方が好ましいですが、上記の破産者の事例のように安く売れる方が嬉しいケースもある訳ですね。件数は少ないですが、確かにそのような事例はあります。

ただこのような複雑な時には、正直専門家に相談するのが無難だと思います。弁護士や司法書士などに相談をして、車売却に関することを決定すると良いでしょう。

コメントする